市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/11/28 13:25加ドルなど資源国通貨に影響を与える可能性も!? 11月30日のOPEC総会に注目

[レビュー]

28日東京時間の外国為替市場は、方向感に欠ける展開。米ドル/円やクロス円は、おおむね昨日(27日)NY終値を挟んでの“もみ合い”となりました。米NY連銀総裁やミネアポリス連銀総裁の発言が伝わったものの、為替市場に大きな反応はみられませんでした。NY連銀のダドリー総裁は「インフレ率はFRB(米連邦準備制度理事会)の目標をやや下回るが、特に懸念していない」と述べ、緩やかな利上げを継続することが適切との見解を示しました。一方、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は「インフレ率が低いなかで利上げをする理由はない」と語りました。


[これからの展開]

OPEC(石油輸出国機構)総会が今週木曜日(30日)にウィーンの本部で開催されます。

OPECは前回5月の総会で、OPECと非加盟国の合計で日量約180万バレルの協調減産を2018年3月まで継続することを決めました。11月30日の総会では、協調減産の期限を2018年3月から延長するのか?や、減産規模がどうなるのか?が焦点とみられます。

市場では今回、協調減産の延長が決定されるとの観測がある一方、延長期間については、“3か月” “6か月” “9か月”と見方が分かれています。減産規模を含め、OPECの決定に原油価格(米WTI原油先物)が反応する可能性があります。

原油価格が大きく変動した場合、加ドルなど資源国通貨の動向に影響を与えそうです。一般的に、資源国通貨にとって、原油価格の上昇はプラス材料、原油価格の下落はマイナス材料と考えられます。

(シニアアナリスト 八代和也)

= = = = = = = = = = = = = = = = =
  [ リニューアル! ]トラリピ アカデミアモデル
  ▼こちらのレポートをご覧いただいているあなたへお知らせ▼
  トラリピの運用プランをご提案するコンテンツ「トラリピ アカデミアモデル」が、リニューアル。
  想定資金の選択が可能になる等、新機能を追加しました!
  ▶ 新たなアカデミアモデルはこちらをクリックしてご覧ください※ログインが必要です
 
= = = = = = = = = = = = = = = = =

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ