市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/11/13 15:10政局不安で英ポンドが下落。加ドルは15日のBOC上級副総裁の講演に注目

[レビュー]

13日東京時間の外国為替市場では、英ポンドが軟調に推移。ポンド/円は一時、148.96円へと下落しました。英サンデー・タイムズ紙が「保守党(与党)の議員40人がメイ首相の不信任案を支持する書簡への署名に同意した」と報道。英政局の先行き不透明感からポンドに下押し圧力が加わりました。

豪ドルやNZドルは、対円・対米ドルともに小動き。いずれもおおむね先週金曜日(10日)のNY終値水準での“もみ合い”となりました。


[これからの展開]

BOC(カナダ銀行)は10月25日の会合で、政策金利を1.00%に据え置くことを決定。今年7月、9月と2会合連続で実施した利上げをいったん休止しました。

その時の声明では、「時間とともに、必要となる金融刺激策が縮小する可能性が高い」との見方を示し、追加利上げの可能性に言及する一方、「将来の政策金利の調整には慎重を期す」と表明。追加利上げに慎重なことが示唆されました。

ポロズ総裁は11月7日のモントリオールでの講演で、「金融刺激策の必要性は、時間とともに低下する可能性が高い」との見方を改めて示しつつも、「政策当局者は、将来的な金利変更に慎重になる必要がある」と発言。経済の稼働状況や賃金の伸び、インフレ、経済が金利の上昇にどの程度敏感になっているのかについて、BOCは入手されるデータにしたがって判断すると語り、利上げのタイミングは今後の経済指標次第としました。

市場では、BOCが来春までに追加利上げを行うとの見方が有力です。市場が織り込む、次回12月6日の会合で利上げが行われる確率は10%程度。利上げの確率は来年3月で約70%へと上昇します。

BOCのウィルキンス上級副総裁が15日(日本時間16日朝)、ニューヨークで講演を行います。講演で金融政策の先行きについて新たな材料が提供されれば、加ドルが反応する可能性があります。

(シニアアナリスト 八代和也)

= = = = = = = = = = = = = = = = =
  [ リニューアル! ]トラリピ アカデミアモデル
  ▼こちらのレポートをご覧いただいているあなたへお知らせ▼
  トラリピの運用プランをご提案するコンテンツ「トラリピ アカデミアモデル」が、リニューアル。
  想定資金の選択が可能になる等、新機能を追加しました!
  ▶ 新たなアカデミアモデルはこちらをクリックしてご覧ください※ログインが必要です
 
= = = = = = = = = = = = = = = = =

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ