市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/10/26 14:09BOCは追加利上げに慎重!? 加ドルは上値が重くなりそう

[レビュー]

26日東京時間の外国為替市場では、円が強含み。一時、米ドル/円は113.37円、ユーロ/円は134.09円、豪ドル/円は87.41円、NZドル/円は78.02円へと下落しました。ECB(欧州中央銀行)理事会を控え、ポジション調整が中心とみられます。


[これからの展開]

BOC(カナダ銀行)は昨日(25日)、政策金利を1.00%に据え置くことを決定。今年7月、9月と2会合連続で実施した利上げをいったん休止しました。

声明では、BOCが追加利上げに慎重なことが示唆されました。

声明は、カナダ経済について、「4-6月期のGDP成長率は予想以上に力強く、より幅広い業種や地域に広がった」と評価しつつ、成長率は今年下半期により持続可能なペースへと鈍化し、今後2年間にわたって潜在成長率近くにとどまると予想。実質GDP成長率は2017年が+3.1%、2018年が+2.1%、2019年が+1.5%との見通しを示しました。

BOCはカナダドル高の影響について言及。最近のカナダドルの上昇によって、「インフレ率が2%に上昇する時期が7月時点の予想よりも若干後ずれする」と指摘するとともに、「輸出の伸びがいくぶん鈍化する可能性がある」としました。

金融政策に関しては、「時間とともに、必要となる金融刺激策が減少する可能性が高い」とし、追加利上げに言及する一方、「将来の政策金利の調整には慎重を期す」と表明。「金利に対する経済の感度、経済の能力の変化、賃金の伸びとインフレの両方のダイナミクスを評価するため、BOCは今後発表されるデータに導かれる」と、利上げのタイミングは今後の経済指標次第としました。

声明が追加利上げに慎重とも受け取れる内容になったことで、市場では追加利上げ観測が後退。声明発表後に加ドルが急落しました。BOCの利上げ観測の後退は、今後もカナダドルの上値を抑える要因となりそうです。

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ