市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/10/25 13:53弱いCPIを受けて豪ドルが下落。豪ドル/米ドルは3か月半ぶりの安値を記録

[レビュー]

25日東京時間の外国為替市場では、豪ドルが下落。一時、豪ドル/円は87.85円、豪ドル/米ドルは0.7718米ドルへと値を下げ、豪ドル/米ドルは3か月半ぶりの安値をつけました。豪州の7-9月期CPIや基調インフレ率が市場予想を下回ったことで、豪ドルに下押し圧力が加わりました。


[これからの展開]

豪州の7-9月期CPIは前年比+1.8%と、市場予想(+2.0%)に反して4-6月期の+1.9%から上昇率が鈍化。RBA(豪準備銀行)のインフレ目標の下限である+2%を2四半期連続で下回りました。一方、RBAがCPIとともに重視するとされる基調インフレ率(トリム平均と加重中央値の平均値)は前年比+1.85%。4-6月期の+1.80%からわずかに加速したものの、市場予想の+2.0%を下回りました。

今回のCPIは弱かったものの、その結果だけでRBAが政策スタンスを変える可能性は低いとみられます。RBAはインフレ率の低さだけでなく、賃金の伸びの鈍さや高水準の家計債務を懸念しているためです。10月3日の政策会合時の議事録(10月17日公表)では、政策メンバーがFRB(米連邦準備制度理事会)など主要国中銀の利上げにRBAが追随する必要はないと考えていることが改めて判明。政策金利の据え置きを続けることが示唆されました。

一方、市場ではRBAが来年、利上げに転じるとの観測があります。今回のCPIの結果を受けて、利上げが遠のいたとの見方が市場に広がれば、豪ドルにとってマイナス材料と考えられます。


(出所:トムソン・ロイターより作成)

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ