市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/10/24 14:02NZ次期首相が中銀の責務変更に言及し、NZドルが下落。25日のCPIに豪ドルが反応する可能性も!?

[レビュー]

24日東京時間の外国為替市場では、NZドルが弱含み。一時、NZドル/円は78.59円、NZドル/米ドルは0.6935米ドルへと下落しました。NZのアーダーン次期首相がRBNZ(NZ準備銀行)の責務変更に言及したことが要因です。アーダーン次期首相は「準備銀行法を見直し、改正することを計画している」と述べ、「見直しには雇用や物価安定も含まれるだろう」と語りました。RBNZの現在の責務は“物価安定”のみ。労働党はそれに“雇用の最大化”を加えることを提案していました。市場では、雇用の最大化が責務に加わった場合、RBNZの利上げのハードルが上がるとの見方があります。


[これからの展開]

豪州の7-9月期CPI(消費者物価指数)が25日に発表されます(日本時間9時30分)。

豪州の4-6月期CPIは前年比+1.9%と、1-3月期の+2.1%から上昇率が鈍化。RBA(豪準備銀行)のインフレ目標(+2〜3%)の下限をわずか1四半期で再び下回りました。一方、RBAがCPIとともに重視するとされる基調インフレ率(トリム平均と加重中央値の平均値)は前年比+1.80%でした。

RBAは8月の金融政策報告で、CPI上昇率と基調インフレ率は今年12月に前年比+1.5〜2.5%になるとの見通しを示しました。

ただ、RBAは現時点でインフレ率の低さだけでなく、賃金の伸びの鈍さや高水準の家計債務を懸念しています。そのため、今回のCPIなどの結果だけでRBAが金融政策スタンスを変える可能性は低いとみられます。

それでも、CPIや基調インフレ率が市場予想からかけ離れる結果になった場合、豪ドルが反応する可能性があります。市場予想はいずれも前年比+2.0%です。


(出所:トムソン・ロイターより作成)

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ