市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/10/23 14:50自公圧勝を受けて米ドル/円は一時114円台に。今週の加ドルは25日のBOC政策金利発表に注目!!

[レビュー]

23日東京時間の外国為替市場では、円が弱含み。一時、米ドル/円は114.06円、ユーロ/円は134.06円、豪ドル/円は89.01円、NZドル/円は79.21円へと上昇しました。22日の衆院選で自民党が圧勝し、公明党と合わせて与党が3分の2以上の議席を獲得。アベノミクスが継続するとの見方が広がったほか、日経平均の上昇も、円売りを後押ししました。


[これからの展開]

BOC(カナダ銀行、中央銀行)が10月25日に政策金利を発表します。その結果が加ドルの今後の動向に影響を与える可能性があり、注目です。

BOCは今年7月に6年10か月ぶりに利上げを実施し、前回9月6日の会合でも0.25%の追加利上げに踏み切りました。

今回の会合では、政策金利は現行の1.00%に据え置かれる可能性が高そうです。BOCのポロズ総裁が追加利上げを急がない姿勢を示したためです。

ポロズ総裁は9月27日の講演で、「あらかじめ決まった道筋はなく、将来の道筋は経済指標次第だ」と強調。また、7月と9月に行った2回の利上げについて、「経済にどのような影響を与えるかはまだ明らかではない」と語りました。

加えて、先週金曜日(10月20日)に発表された、カナダの8月小売売上高が弱かったことで、政策金利は据え置かれる可能性が一段と高まったと考えられます。小売売上高は前月比-0.3%、自動車を除いた売上高は前月比-0.7%と、いずれも市場予想(+0.5%、+0.3%)に反して減少しました。

市場では、BOCは追加利上げを行うとすれば(10月は据え置き)との見方が根強くあります。そのため、今回の会合で利上げが決定された場合はサプライズとなり、加ドルが上昇しそうです。一方、政策金利が据え置かれた場合、声明で次回12月の追加利上げが示唆されるのか?が焦点になりそうです。加ドルは、追加利上げが示唆されれば上昇、追加利上げが示唆されなければ下落する展開が想定されます。

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ