市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/10/10 13:41豪米金利差縮小が豪ドルの重石となる可能性も

[レビュー]
 
10日の東京時間の外国為替市場は、北朝鮮への警戒感から動意に乏しく、米ドル/円は概ね9日NY市場の終値近辺での揉み合いとなりました。NAB(ナショナル・オーストラリア銀行)が発表した9月の企業景況感指数は14と、8月から横ばいでした。ただ、2008年以来の高水準を維持したことが好感され、豪ドルは小幅に反発。豪ドル/円は一時87.71円、豪ドル/米ドルは一時0.7785ドルへ上昇しました。

[これからの展開]

RBA(豪準備銀行)は10月3日の金融政策会合で、12回連続で政策金利を据え置きました。RBAの金融政策などを背景に、豪金利は上値の重い展開が続いています。一方で、FRBは金融政策の正常化を進めています。足元では年内の利上げ観測の高まりもあり、米金利は上昇傾向です。

FRBの他にも、BOC(カナダ中銀)は2度の利上げを実施。BOE(英中銀)の利上げ観測も足元で高まっています。また、ECBは金融正常化に傾きつつあり、早ければ10月26日の理事会で、QE(量的緩和)縮小に関するアナウンスメントがあるとの見方があります。主要な各国の中央銀行が金融引き締め、あるいは金融政策の正常化に舵を切っていることもあり、世界的に金利には上昇圧力が加わっています。

金融政策の方向性の違いを背景に、豪州と米国の金利差(豪>米)は縮小傾向にあり、足元では約16年ぶりの水準まで金利差が縮小しています。RBAは金融政策を当面据え置くとみられており、金融政策の方向性の違いから、金利差がさらに縮小するようであれば、豪ドルには一段の下押し圧力が加わる可能性もありそうです。
 

(アナリスト 根岸慎太郎)

--------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ