市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/08/31 13:57NZドル/米ドルが約3か月ぶりの安値を記録し、200日移動平均線に接近

[レビュー]

31日東京時間の外国為替市場では、米ドルが強含み。一時、米ドル/円は110.57円へと上昇し、ユーロ/米ドル円は1.1870米ドル、豪ドル/米ドルは0.7887米ドル、NZドル/米ドルは0.7164米ドルへと下落しました。昨日(30日)の米ADP雇用統計やGDP改定値の堅調な結果が、引き続き米ドルの支援材料となりました。


[これからの展開]

NZドル/米ドルは7月27日に一時0.7555米ドルと、約2年2か月ぶりの高値を記録した後、下落傾向にあります。

NZドル/米ドルが下落した背景として、8月2日に発表されたNZの4-6月期雇用統計の弱い結果や、23日のNZ財務省による2017/18年度のGDP成長率見通しの下方修正(+3.7%から3.5%へ)も挙げられるものの、RBNZ(NZ準備銀行)がNZドル高をけん制した影響が大きいと考えられます。

RBNZは、8月10日の政策会合時の声明でNZドルの下落が必要との見解を示しました。ウィーラー総裁は同日、「NZドルの下落を望む」と発言。30日には、ウィーラー総裁が改めて「貿易財インフレを押し上げ、より均衡の取れた成長の実現を支援するために、NZドルの下落が必要だ」と語りました。

9月23日にNZの総選挙が実施されます。世論調査では、国民党(与党)が労働党(最大野党)をリードしているものの、労働党の党首が8月1日に代わって以降、両党の差が縮まっており、接戦になるとの予想もあるようです。選挙の行方をめぐる不透明感が、NZドルにとってさらなる重しとなる可能性があります。

NZドル/米ドルの日足チャートをみると、120日移動平均線(MA)が0.7148米ドル、200日MAが0.7129米ドルに位置(8月30日時点)しており、テクニカル的にはいったん下げ止まる可能性もあります。ただ、NZドル/米ドルが200日MAを割り込むと、次の下値メドとして0.6818米ドル(5月11日安値)が挙げられます。

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ