市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/08/25 14:35方向感を失いつつある豪ドル/米ドル、FRB議長講演で再び方向感が生まれる可能性も!?

[レビュー]

25日東京時間の外国為替市場は、小動き。米ドル/円やクロス円は、おおむね昨日(24日)のNY終値水準での“もみ合い”でした。イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長やドラギECB(欧州中央銀行)総裁の講演を控え、様子見ムードが強い展開でした。講演開始予定時刻は、イエレン議長が日本時間25日午後11時、ドラギ総裁は同26日午前4時です。


[これからの展開]

豪ドル/米ドルは8月15日に一時、0.7809米ドルへと下落。約1か月ぶりの安値をつけました。翌16日に0.79米ドル台へ反発した後、1週間あまりの間、0.79米ドルちょうど前後で推移し、目先の方向感を失いつつあるように見えます。

方向感を失いつつある背景として、豪ドルと米ドルの双方にマイナス材料があることが挙げられます。豪ドルはRBA(豪準備銀行)が8月1日の声明で豪ドル高をけん制したこと、米ドルはFRBの利上げペース鈍化観測や米政局の不透明感です。

本日(25日)、FRBのイエレン議長が講演を行います。その内容次第では、豪ドル/米ドルは再び方向感が生まれる可能性もあります。ただし、豪ドル/米ドルが上昇する場面では、RBAの豪ドル高けん制が意識されそうです。7月27日高値である0.8065米ドルに近づく場面では、利益確定売り圧力が強まることも考えられます。

豪ドル/米ドル(日足、2017/4/10〜)

(出所:M2JFXチャート)

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ