市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/08/24 11:10南アフリカのCPI上昇率が一段と鈍化。GDP次第では追加利下げの可能性も!?

[レビュー]

24日東京時間午前の外国為替市場は、小動き。米ドル/円やクロス円は、おおむね昨日(23日)のNY終値水準での“もみ合い”でした。米カンザスシティ連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)を控え、様子見ムードが漂う展開でした。ジャクソンホール会議は、米ワイオミング州ジャクソンホールで24〜26日の3日間開催。現地時間25日(金)には、イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長やドラギECB(欧州中央銀行)総裁が講演を行う予定です。


[これからの展開]

南アフリカの7月CPI(消費者物価指数)が昨日(23日)発表されました。結果は前年比+4.6%と、6月の+5.1%から上昇率が鈍化。2015年10月以来、1年9か月ぶりの低い伸びとなりました。

SARB(南アフリカ準備銀行)は今年7月の政策会合で、南アフリカのインフレ見通しが改善するなかで、経済成長見通しが悪化したとして、0.25%の利下げを決定しました。

南アフリカ経済は、昨年10-12月期と今年1-3月期の2四半期連続でマイナス成長を記録。2009年以来のリセッション(景気後退)に陥りました。一方、CPIは昨年12月の+6.7%をピークに鈍化傾向。SARBのインフレ目標(+3〜6%)の範囲内に4か月連続で収まり、さらに目標中央値である+4.5%に接近しました。

SARBのクガニャゴ総裁は7月の会合時の会見で、「将来の金融政策はデータ次第」と語り、追加利下げの可能性に言及しませんでした。ただ、CPI上昇率が一段と鈍化したことで、SARBは景気対応のための利下げを行いやすくなったと考えられます。南アフリカの4-6月期のGDPが9月5日に発表されます。GDPで同国経済の低迷が改めて示されれば、SARBは次回9月21日の会合で追加利下げに踏み切る可能性があります。


(出所:トムソン・ロイターより作成)

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ