市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/07/25 14:1826日に豪州の第2四半期CPIが発表。豪ドル上昇の材料となるか

[レビュー]

25日東京時間の外国為替市場は動意に乏しい展開。米ドル/円は111円ちょうどを挟んでの小動き。豪ドル/円、NZドル/円も概ね昨日NY時間の終値付近で小動きとなりました。米FOMC(25-26日)を控え、様子見の地合いとなりました。

[これからの展開]

明日26日(日本時間10時30分)に豪州の第2四半期CPI(消費者物価指数)が発表されます。豪州の第1四半期CPIは前年比+2.1%と2016年第4四半期の同+1.5%からインフレ率が加速。RBA(豪準備銀行)のインフレ率の目標レンジ(+2-3%)の下限を上回りました。RBAが重視するCPIトリム平均(※1)とCPI加重中央値(※2)もそれぞれ前年比+1.9%、+1.7%と上昇傾向にあり、RBAの目標インフレ率に接近しました。

 


(※1)変動の大きい一定割合の品目を除いた加重平均値
(※2)品目の構成比率を加味した中央値

第2四半期CPIの市場予想は前年比+2.2%とインフレ率がやや上昇する見込みです。一方で、CPIトリム平均は+1.8%同とやや鈍化、CPI加重中央値は同+1.7%と横ばいが予想されています。

OIS(翌日物金利スワップ)によれば、24日時点で市場が織り込む年内(12月)の利上げ確率は19.6%です。利上げ確率が50%を超えるのは2018年7月以降となっています。堅調な雇用統計や、タカ派的と市場が受け止めた18日のRBA議事録(7/4開催分)もあり、豪ドルは対米ドルで約2年2か月ぶり、対円では約1年8カ月ぶりの高値まで上昇しました。今後、豪ドルが一段と上昇するためには、CPIトリム平均やCPI加重中央値でもインフレ率の上昇が確認され、RBAの利上げ観測が一段と高まる必要があるのかもしれません。

(市場調査部 根岸慎太郎)

--------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ