市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/07/14 14:03豪ドル/円が5か月ぶり高値。88円台に定着すれば、90円が視野に!?

[レビュー]

14日東京時間の外国為替市場では、円が軟調に推移。一時、米ドル/円は113.53円、豪ドル/円は87.85円、NZドル/円は83.11円へと上昇しました。日経平均が堅調に推移するなか、実需筋の米ドル買い・円売りによって米ドル/円が上昇。クロス円は、米ドル/円の上昇にけん引されました。


[これからの展開]

豪ドル/円は本日(14日)、5か月半ぶりの高値をつけました。

豪ドル/円が上昇基調を強めたのは、豪ドルの買い材料というよりも、円売り材料の影響の方が大きいと考えられます。

日銀と他の主要国中央銀行との金融政策の方向性の違いから、円売り圧力が強まりやすい状況です。日銀が現在の金融緩和策を継続すると見られる一方、ECB(欧州中央銀行)やBOE(英イングランド銀行)、BOC(カナダ銀行)は金融政策の正常化に向けて動くとの観測があります。BOCは7月12日に6年10か月ぶりに利上げに踏み切りました。市場ではBOCは10月にも追加利上げを行うとの観測があります。

市場の関心が各国の金融政策に向いている間は、円が売られやすい地合いが続きそうです。豪ドル/円の目先の上値メドは、88.15円(2月16日高値)が考えられます。その水準より上で定着できれば、2015年12月4日高値の90.66円が視野に入りそうです。

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ