市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/07/12 13:35方向感を失ったトルコリラ/円、その背景は!?

[レビュー]

12日東京時間の外国為替市場では、円が強含み。一時、米ドル/円は113.32円、ユーロ/円は130.07円、豪ドル/円は86.74円、NZドル/円は82.00円へと下落しました。トランプ米大統領とロシアとの関係をめぐる疑惑(いわゆるロシアゲート)の再燃への警戒感から、リスク回避の動きが強まりました。


[これからの展開]

今週、米ドル/円や豪ドル/円が約4か月ぶり、NZドル/円は約5か月ぶりの高値をつけました。日銀とECB(欧州中央銀行)など他の先進国中央銀行との金融政策見通しの違いを背景に、円売り圧力が強まったことが要因です。

一方で、トルコリラにも売り圧力があるため、トルコリラ/円は31円台を中心に上下動を繰り返し、方向感を失っています。

トルコリラ売りの背景は、以下の2つが挙げられます。
(1)6月下旬以降、ECBの早期のQE(量的緩和)縮小や、BOE(英イングランド銀行)やBOC(カナダ銀行)の利上げ観測が高まったこと。

トルコと欧州やカナダなど先進国との金利差が縮小すれば、高金利通貨としてのトルコリラのメリットが薄れるとの考えができます。また、トルコは慢性的に経常収支が赤字であり、その穴埋めを国外からの投資資金の流入に依存しています。ECBやBOEなどが金融引き締めに動けば、トルコに流れていた資金が逆流(流出)し、トルコは経常赤字を埋めるのが難しくなる可能性があります。

(2)トルコの地政学リスク
エルドアン大統領は7月5日のフランス24とのインタビューで、「トルコは、シリアのクルド人部隊を撃退するために北シリアに軍事介入する用意がある」と語り、シリアへの越境攻撃を行う可能性を示しました。

*******

トルコリラ/円に関しては、FRB(米連邦準備制度理事会)やECBなど主要国の金融政策をめぐる観測や、中東情勢などのトルコの地政学リスクの強弱の影響を受けやすいと見られます。

日足チャートを見ると、トルコリラ/円は90日移動平均線(MA)が下値の重要なラインとして意識されそうです。4月下旬以降、90日MA近辺で反発する展開を繰り返し、6月29日からの反落局面でも90日MAでサポートされたためです。一方、上値メドとして、200日MAや52週MAが挙げられます。7月13日時点で、90日MAは31.01円、200日MAは31.64円、52週MAは7月7日時点で32.27円に位置します。

トルコリラ/円(日足、2017/3/1〜)

出所:M2JFXチャート

トルコリラ/円(週足、2015/1/4週〜)

出所:M2JFXチャート

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ