市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/07/11 14:56米ドル/円が約4か月ぶりの高値。豪ドル/米ドルは0.77米ドルに近づくにつれて上値が重くなりそう

[レビュー]

11日東京時間の外国為替市場では、円が弱含み。一時、米ドル/円は114.40円台、ユーロ/円は130.30円近辺、英ポンド/円は147.30円近辺、豪ドル/円は87.10円近辺へと上昇しました。日銀と他の先進国中央銀行との金融政策の方向性の違いを背景に、円に下押し圧力が加わりやすい地合いのなか、日経平均の上昇がさらなる重石となりました。

NZドルも軟調。一時、NZドル/円は82.60円近辺、NZドル/米ドルは0.7220米ドル台へと下落しました。一部のマイナーな経済指標(NZのクレジットカード支出)を除けば、NZドル売りにつながるような材料は特になく、ポジション調整が中心と見られます。


[これからの展開]

CFTC(米先物取引委員会)は7月7日、4日(火)時点のIMM通貨先物の非商業(投機)部門のポジション動向を発表しました。

それによると、豪ドルのポジションは32,414枚の買い越しとなり、前週6月27日の19,749枚から増加。約2か月ぶりの高水準となりました。買い越しは、2016年に6万枚近く、2012年には10万枚を超えるまで拡大する場面がありました。それらを踏まえると、投機筋の豪ドル買い余力はまだあると考えることもできそうです。

もっとも、豪ドル/米ドルは昨年3月以降、0.77米ドル近辺で反落する展開が続き、今回の上昇局面でも0.77米台に定着できずに反落しました。そのため、0.77米ドルに近づくにつれて、利益確定売り圧力が強まると考えられます。

CFTC統計の豪ドルのポジション
 
*買いポジション−売りポジション
(トムソン・ロイターより作成)

豪ドル/米ドル(日足、2016/2/9〜)

(出所:M2JFXチャート)

(シニアアナリスト 八代和也)

--------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ