市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/07/10 15:03米ドル/円が約2か月ぶり、ユーロ/円は約1年5か月ぶり、NZドル/円は5か月半ぶりの高値。NZドル/米ドルは上値が重い展開か!?

[レビュー]

10日東京時間の外国為替市場では、円が軟調に推移。一時、米ドル/円は114.16円、ユーロ/円は130.27円、豪ドル/円は86.86円、NZドル/円は83.04円へと上昇しました。日銀と他の主要先進国中銀との金融政策の方向性の違いを背景に、円売り圧力が加わりました。

市場では、日銀が現行の金融緩和策を継続すると見られる一方、FRB(米連邦準備制度理事会)は年内に追加利上げやバランスシートの縮小開始に踏み切るとの見方が有力。また、ECB(欧州中央銀行)が早期に量的緩和を縮小し、BOE(英イングランド銀行)やBOC(カナダ銀行)は近い将来に利上げに転じるとの観測があります。


[これからの展開]

CFTC(米先物取引委員会)は7月7日、4日(火)時点のIMM通貨先物の非商業(投機)部門のポジション動向を発表しました。

それによると、NZドルのポジションは29,133枚の買い越しとなり、前週6月27日の25,233枚から増加。買い越しは、2013年4月以来、4年3か月ぶりの高水準となりました。ポジション動向からは、投機筋のNZドル買い余力が少なくなりつつあると考えることもできそうです。

また、日足チャートを見ると、NZドル/米ドルは昨年7月以降、0.73米ドル台で反落する展開が続いており、今回の上昇局面でも同様でした。そのため、0.73米ドル台では、利益確定売り圧力が強まると見られます。NZドル/米ドルが0.7488米ドル(2016年9月7日高値)に向けて上昇するには、NZドル買い、あるいは米ドル売りの材料が新たに必要と考えられます。

CFTC統計のNZドルのポジション

*買いポジション−売りポジション
(トムソン・ロイターより作成)

NZドル/米ドル(日足、2016/4/29〜)

(出所:M2JFXチャート)

(シニアアナリスト 八代和也)

**********

今月の特集7月「主要中央銀行、それぞれの金融政策」をアップしました。
当社が取り扱う8通貨の中央銀行+日本銀行について、リーマン・ショック後の対応や金融政策の現在地、次の一手、注目ポイントなどをまとめて解説しました。投資判断のご参考にしていただければ、幸いです。

---------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ