市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/06/27 15:34SARBが利上げ打ち止めを改めて示唆、次は利下げ?

[レビュー]

27日東京時間の外国為替市場は、方向感に欠ける展開。FRB(米連邦準備理事会)のイエレン議長の講演を控え、様子見ムードが漂いました。米ドル/円は一時、5月24日以来の112円台へと上昇したものの反落。昨日(26日)のNY終値水準へと押し戻されました。


[これからの展開]

SARB(南アフリカ準備銀行)は26日、2016-17年の年次報告書を公表。「MPC(金融政策委員会)は引き続き、インフレ率を+3〜6%の目標範囲内に維持することに焦点を合わせる」と表明し、SARBの金融政策は、CPI上昇率が鍵を握ることが改めて示されました。

年次報告書では、インフレは需要過剰ではなく供給サイドから引き起こされており、金融政策における課題は大きいと指摘。「インフレ期待は不快なほど高い水準にとどまっている」とし、「インフレ率(CPI上昇率)が一段と鈍化するのが好ましい」としました。政策金利については、インフレ率は目標範囲内に戻っていると指摘したうえで、「レポレート(政策金利)のさらなる引き上げは避けられる可能性がある」との見方を示しました。

SARBは2014年1月に利上げを開始。昨年(2016年)3月までの間に政策金利を計2%引き上げた後、据え置きを続けています(現行7.00%)。

市場では、SARBの次の一手は利下げとの見方があります。南アフリカ経済が2四半期連続でマイナス成長を記録した一方、インフレ率が鈍化したことが背景にあります。

南アフリカのCPI上昇率は、昨年12月に前年比+6.7%へと達した後に鈍化。今年5月は+5.4%と、4月の+5.3%から上昇率がやや高まったものの、SARBのインフレ目標の範囲内に2か月連続で収まりました。

SARBのクガニャゴ総裁は前回5月25日の政策会合後の会見で、「政策金利は現時点で適切」と述べる一方、「CPI上昇率が持続的に目標範囲内に収まるならば利下げは可能だ」と語りました。

CPI上昇率がSARBのインフレ目標である+3〜6%で安定的に推移すれば、利下げが現実味を帯びそうです。CPIの動向にこれまで以上に注目する必要がありそうです。6月のCPI上昇率の発表は7月19日、SARBの政策会合は7月18-20日(結果発表は20日)に開催されます。

南アフリカのインフレ期待

(出所:SARB「2016-17年次報告書」)


(出所:Bloombergより作成)

(シニアアナリスト 八代和也)

---------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ