市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/06/26 14:50投機筋のNZドル買いポジションが4年1か月ぶりの高水準

[レビュー]

26日東京時間の外国為替市場は、小動き。米ドル/円やクロス円は、おおむね先週金曜日(23日)のNY終値水準での“もみ合い”となりました。

米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が、米インフレ率が鈍化したのは一時的要因によるもので、追加利上げの妨げにならないとの見方を示したものの、為替市場に大きな反応はみられませんでした。


[これからの展開]

CFTC(米先物取引委員会)は6月23日、20日(火)時点のIMM通貨先物の非商業(投機)部門のポジション動向を発表しました。

それによると、NZドルのポジションは21,455枚の買い越しとなり、前週6月13日の1,595枚から急増。買い越しは、2013年5月以来、4年1か月ぶりの高水準となりました。投機筋のNZドル買い余力が少なくなりつつあると考えることもできそうです。

また、日足チャートを見ると、NZドル/米ドルは昨年7月以降、0.73米ドル台で反落する展開が続いてきました。0.73米ドルに近づく場面では、利益確定売り圧力が強まると見られます。

堅調な乳製品価格や米国の政局不透明感、NYダウなど米国株の上昇を背景に、NZドル/米ドルは5月半ば以降、上昇しました。取り巻く状況に大きな変化は見られないものの、CFTC統計や日足チャートを見ると、NZドル/米ドルはいったん伸び悩む可能性があります。2016年9月7日高値の0.7488米ドルを目指すには、新たに材料が必要かもしれません。

CFTC統計のNZドルのポジション

*買いポジション−売りポジション
(出所:Bloombergより作成)

NZドル/米ドル(日足、2016/5/19〜)

(出所:M2JFXチャート)

(シニアアナリスト 八代和也)

---------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ