市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/06/08 14:47小幅ながらも乳製品価格上昇、NZドルの支援材料になりそう。9日東京時間の為替市場は英総選挙の結果に要注意

[レビュー]

8日東京時間の外国為替市場では、円が強含み。一時、米ドル/円は109円台半ば、豪ドル/円は82.60円台、NZドル/円は78.80円台へと下落しました。日銀が「時期尚早」としていた金融緩和の出口戦略の議論について、「説明を重視する」姿勢へと変えつつあるとの報道が背景です。


[これからの展開]

一昨日(6日)、乳製品電子オークション(GDT)が開催されました。乳製品国際価格の指標であるGDT価格指数は1096と、前回5月16日の1089から上昇。小幅ながらも6回連続で上昇し、2014年6月以来、3年ぶりの高水準となりました。乳製品価格上昇の背景には、供給減少への懸念があるようです。

NZにおいて乳製品は最大の輸出品であり、その価格動向は経済に影響を与えます。そのため、乳製品価格の上昇は、NZ経済はもちろん、NZドルにとってもプラス要因と考えられます。NZドル/米ドルの足もとの上昇は、米国の政局の不透明感(=米ドルのマイナス要因)のほか、乳製品価格の上昇も追い風になりました。わずかとはいえ、乳製品価格が上昇したことは、NZドル/米ドルにとってさらなる支援材料と言えそうです。


(出所:Bloomberg、GDT資料より作成)

------------------------------------------------

本日(8日)、ユーロ圏ではECB(欧州中央銀行)理事会とドラギECB総裁会見、米国ではコミーFBI(米連邦捜査局)前長官の公聴会、英国では総選挙が行われます。3つの経済イベントの結果次第で、為替市場は状況が目まぐるしく変わることも考えられます。英総選挙の投票終了は、日本時間9日午前6時。9日の東京時間の為替市場は、出口調査の結果や開票状況に注目するでしょう。大きく動く可能性もあるため、注意が必要です。

(シニアアナリスト 八代和也)

---------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ