市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/05/30 15:29ズマ大統領の続投は、南アフリカランドのマイナス材料か!?

[レビュー]

30日東京時間の外国為替市場では、ユーロが軟調に推移。一時、ユーロ/円は123.25円、ユーロ/ドルは1.1121米ドルへと下落しました。イタリアで今年秋にも総選挙が実施される可能性が浮上したことなどが重しとなりました。

英ポンドも弱含み。一時、ポンド/円は141.80円へと下落しました。英国のメイ首相が29日、EU(欧州連合)からの離脱交渉において内容が不十分ならば合意なしに離脱する用意があると述べたことが背景です。


[これからの展開]

南アフリカの与党ANC(アフリカ民族会議)は28日の幹部会議で、ズマ大統領の不信任動議を否決しました。

ズマ大統領は今年3月末、ゴーダン財務相ら閣僚9人を解任する内閣改造を断行。それを受けて、ANC内で反発が強まっていました。

不信任動議の否決にもかかわらず、南アフリカランドは軟調に推移しました。ズマ氏が大統領にとどまることで政局の不安定な状況が続くとの懸念が、ランドの重しになったと考えられます。

憲法で大統領は2期までと定められているため、現在2期目のズマ大統領の任期は、次回総選挙が実施される2019年までです。ただし、今年12月にANCの党首選が行われる予定です。党首選が終われば、2019年の総選挙をにらんでANC内でズマ大統領に辞任を求める圧力が一段と強まる可能性があります。

政局の混乱を招いていたズマ大統領が交代すれば、むしろ政局が安定するとの見方もできそうです。ズマ氏が大統領を続けることは、ランドにとってマイナス材料かもしれません。

(アナリスト 八代和也)

---------------------------------------

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ