市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/05/08 14:55NZドル/円は200日移動平均線の上で定着できるのかがポイント!?

[レビュー]

8日東京時間の外国為替市場では、豪ドルが弱含み。一時、豪ドル/円は83.29円、豪ドル/米ドルは0.7387米ドルへと下落しました。軟調な鉄鉱石価格が引き続き、豪ドルの重しとなりました。鉄鉱石は豪州最大の輸出品で、全体の約2割を占めます。

ユーロも軟調。一時、ユーロ/円は123.41円、ユーロ/ドルは1.0956米ドルへと値を下げました。7日に行われたフランス大統領選挙決選投票では、マクロン氏が勝利。事前に予想された通りの結果となったことで、目先の材料出尽くし感から利益確定売り圧力がやや強まりました。


[これからの展開]

NZドル/円は4月12日に一時75.67円へと下落。約5か月ぶりの安値をつけました。その後反発し、足もとは77円台を中心とした値動きとなっています。NZドル/円が反発した背景には、北朝鮮情勢をめぐる懸念が緩和したことや、4月23日のフランス大統領選挙第1回投票を受けてリスク回避の動きが和らいだこと(いずれも円売り材料)が挙げられます。

NZドル/円は、200日移動平均線(MA)という、テクニカル的に重要なラインに差し掛かっています。NZドル/円は4月以降、200日MAで跳ね返される展開が続いた後、5月5日に上抜けました。このまま200日MAより上の水準で定着できれば、これまで上値抵抗線として機能していた200日MAが、今度は下値支持線として意識される可能性があります。その場合、テクニカル面から上昇圧力が強まるかもしれません。その場合の上値メドとして、3月10日高値の79.99円が挙げられます。200日MAは5月8日時点で77.75円に位置します。

今週は木曜日(11日)にRBNZ(NZ準備銀行)の政策金利発表があります。その結果にNZドル/円が影響を受ける可能性があります。

NZドル/円(日足、2016/12/19〜)

(出所:M2JFXチャート)

(アナリスト 八代和也)

---------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ