市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/04/24 15:25仏大統領選挙第1回投票を受けて、ユーロ買い、円売りが加速。豪ドルは26日の豪CPIが次の材料

[レビュー]

24日東京時間の外国為替市場は、ユーロが上昇。一時、ユーロ/円は119.95円、ユーロ/米ドルは1.0886米ドルへと上昇しました。仏大統領選挙の第1回投票が昨日(23日)行われ、マクロン前経済相と国民戦線のルペン党首が第2回投票に進む見通しと伝わりました。市場は、いずれも反EU(欧州連合)を掲げるルペン氏とメランション氏の双方が第2回投票に進むことを懸念していたため、それが避けられたことでユーロが買われました。

円は軟調に推移。一時、米ドル/円は110.26円、豪ドル/円は83.30円、NZドル/円は77.51円へと上昇しました。仏大統領選挙の第1回投票結果がリスク回避の動きを後退させ、円売りの支援材料となりました。


[これからの展開]

東京時間は、仏大統領選挙の第1回投票を材料にユーロが買われる一方、円が売られました。欧米時間もその流れが継続する可能性があります。

ただし、明日(25日)は北朝鮮の朝鮮人民軍の創設85周年です。北朝鮮情勢に注意が必要かもしれません。何かニュースが出てくれば、為替市場が反応する可能性があります。

今週の豪ドルの独自材料としては、26日(水)の豪州の1-3月期CPI(消費者物価指数)が挙げられます。

RBA(豪準備銀行)はインフレ目標を採用しているため、インフレ率は金融政策運営に影響を与えます。RBAの昨年2回の利下げは、低インフレが主な理由でした。

RBAは4月4日の政策会合で、政策金利を1.50%に据え置きました。その時の議事録では、政策メンバーが現時点でインフレよりも、労働市場や住宅市場を懸念していることが判明。先行きの金融政策は、労働市場や住宅市場の動向が鍵を握ることが示唆されました。

それでも、CPIや基調インフレ率が強い内容になれば、RBAの利下げ観測が後退するとみられます。その場合、豪ドルにとってプラス材料と考えられます。市場予想は、CPIが前年比+2.2%、RBAがCPIとともに重視するとされる基調インフレ率が同+1.80%です。

(アナリスト 八代和也)

---------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ