市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/03/29 14:02NZドル/円が約4か月半ぶりの安値圏。重要ラインは200日移動平均線!?

[レビュー]

29日東京時間の外国為替市場では、英ポンドが軟調に推移。ポンド/円は一時137.56円へと下落しました。英国のメイ首相は本日(29日)、EU(欧州連合)からの離脱をEUに正式に通知する予定です。

米ドル/円や、ポンド/円を除いたクロス円は落ち着いた展開。おおむね昨日(28日)のNY終値水準での“もみ合い”となりました。


[これからの展開]

NZドル/円が軟調に推移しています。昨日、一時77.42円へと下落し、約4か月半ぶりの安値をつけました。NZドル/円の下落の背景には、NZの昨年10-12月期のGDP成長率が弱めだったことや、主力輸出品である乳製品の価格下落が挙げられます。10-12月期のGDP成長率は前期比+0.4%、前年比+2.7%と、それぞれ市場予想の+0.7%、+3.2%を下回りました。乳製品国際価格の指標であるGDT価格指数は3月21日のオークションで955と、前回7日の1,020から一段と低下しました。

ただ、テクニカル面からみれば、NZドル/円の下落は一服する可能性もあります。NZドル/円は2015年5月から2016年10月にかけて、200日移動平均線に頭を抑えられる展開が続いてきました(下のチャートの緑丸の箇所)。それが2016年11月に200日移動平均線を明確に上抜けると上昇の勢いが加速(同水色の丸の箇所)。昨日は、200日移動平均線付近で下げ止まりました。200日移動平均線がサポートラインとして意識されそうです。同移動平均線は3月29日時点で77.34円に位置します。

NZドル/円(日足、2015/4/29〜)

(出所:M2JFXチャート)

(アナリスト 八代和也)

----------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ