市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/03/27 15:52オバマケア改廃法案の採決中止を受けて米ドルが弱含み。今週の資源・新興国通貨は米ドルの動向に左右されそう!

[レビュー]

27日の東京時間の外国為替マーケットでは、オバマケア改廃法案の採決が中止となったことで円が強含み。米ドル/円が約4か月ぶりとなる110.15円まで下落したことでクロス円も下げる展開。豪ドル/円は84.00円、NZドル/円は77.68円まで下落しました。

一方で、対米ドルでは底堅く推移し、豪ドル/米ドルは一時0.7636ドル、NZドル/米ドルは0.7051ドルへと上昇しました。

[これからの展開]

今週、豪州やNZでは目立った経済指標やイベントが見受けられません。そのため、両通貨は米ドルの動向に影響を受けそうです。

その米ドルは足元で弱含む展開となっています。トランプ大統領はオバマケア改廃法案を断念しましたが、今後は税制政策に重点を置くことを示唆しました。ただ、市場はトランプ大統領が(共和)党内をまとめきれなかったことで、税制改革に対して懐疑的な目を向けていると考えられます。

仮に、懐疑的な見方が続くようなら、米ドルは上値が重い展開となるかもしれません。その場合、豪ドルやNZドルにとってはサポート要因となりそうです。

NZドル/米ドルは2月末に週足終値ベースで52MA(移動平均線)を割り込んで以降、4週連続で52週MAを下回っています。その52週MAは現在0.7086ドルレベルに位置しています。

NZドル/米ドルは2016年3月に52週MAを明確に上回って以来、穏やかな上昇トレンドが継続してきました。今週、NZドル/米ドルが52週MA(≒0.7086ドルレベル)上方を回復できるかは今後のトレンドを判断する上で注目かもしれません。

 

(市場調査部)

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ