市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2017/03/09 16:56NZドル/米ドルは一段安の可能性も!?

8日、シナリオレポートを更新しました。
『運命』の3月15日にどうなる?
是非ご覧ください。

*******

[レビュー]

昨日発表された米2月ADP雇用統計が堅調な結果となり米ドル高となった流れを受けて、9日の日本時間の為替マーケットでも米ドルが底堅く推移しました。米ドルは特に対豪ドル、対NZドルで上昇。豪ドル/米ドル、NZドル/米ドルはそれぞれ、0.7504ドル、0.6888ドルまで下落しました。

[これからの展開]

2月以降NZドルは弱含む展開が続いています。特に、7日に行われた乳製品オークションが低調な結果となったことで、対米ドルでは昨日のNY市場で6日続落となり、ユーロ/米ドルや豪ドル/米ドルに比べて下落幅が大きくなっています。

背景には、米利上げ観測の高まりや、それに伴った米金利の上昇が考えられます。また、ウィーラーRBNZ(NZ準備銀行)総裁がNZドル高を懸念する見解を示していることや、今後2年間政策金利を据え置くとの見通しを示していることもNZドルにとって重石となっている可能性はあります。

来週14-15日には米FOMCが開催されます。市場では利上げをほぼ織り込んでいるため、実際に利上げが行われても、NZドルへの影響は限定的となるかもしれません。仮に、堅調な米経済指標を受けて3月以降の利上げ観測が前倒しとなるようなら、米ドルが上昇し、NZドルには一段の下落圧力が加わるかもしれません。

NZドル/米ドルの週足チャートを見てみると、2015年8月の安値と2016年9月の高値を結んだフィボナッチ38.2%付近で推移しています。仮に今週当該ライン(≒0.6923ドル)を下回って越週となった場合、50.0%ライン(半値押し)の0.67ドル台まで下落する可能性も考慮したほうがよさそうです。

(市場調査部)

----------------------------------------

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ