市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2016/12/23 13:28NZドル/米ドルが6か月半ぶりの安値圏。下値メドは!?

[レビュー]

23日東京時間の外国為替市場は、小動き。米ドル/円やクロス円は、おおむね昨日(22日)NY終値近辺での“もみ合い”でした。日本が祝日であることに加え、経済指標発表等の手掛かり材料も乏しいことから、様子見ムードが漂いました。


[これからの展開]

NZドル/米ドルは12月21日、一時0.6878米ドルへと下落。2016年6月初め以来、約6か月半ぶりの安値をつけました。

FRB(米連邦準備理事会)の来年の利上げペースが加速するとの観測(=米ドル買い材料)が、足もとのNZドル/米ドル下落の背景です。

現在の為替市場の関心は、FRBの金融政策の行方に向きがちで、乳製品価格やRBNZ(NZ準備銀行)の金融政策などのNZドルの材料に反応しにくい地合いです。乳製品国際価格の指標となるGDT価格指数は約2年半ぶりの高値圏。市場の金融政策見通しを反映するOIS(翌日物金利スワップ)を参考にすると、RBNZが2017年に利上げに転じるとの見方も浮上していることが確認できます。OISでは、2017年5月までに利上げを行う確率が10.0%織り込まれています。利上げの確率は、同6月までで37.2%、9月までで72.5%へと上昇します(12月22日時点)。

FRBの利上げペース加速観測を背景に、NZドル/米ドルは一段と下落する可能性があります。加えて、NZドル/米ドルは、52週移動平均線(12月23日時点で0.6968米ドル)を割り込みました。テクニカル面からも下落圧力が加わりやすいかもしれません。下値のメドとしては、5月30日安値の0.6676米ドルが挙げられます。

NZドル/米ドル(週足、2015/1/25週〜)

(出所:M2JFXチャート)

(アナリスト 八代和也)

【お知らせ】
12月26日(月)の「オセアニア・レポート」は休載します。次回は12月27日(火)です。

------------------------------------


(※動画。音声にご注意ください)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ