市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2016/11/16 16:44NZドルのプラス材料に反応しにくい地合い。NZドル/米ドルの下値メドは!?

[レビュー]

16日東京時間の外国為替市場は、方向感に欠ける展開。ドル/円やクロス円はおおむね昨日(15日)終値水準での“もみ合い”となりました。

ただ、欧州時間に入ってからはドル高に振れており、ドル/円は一時109円台半ばへと上昇し、ユーロ/ドルや豪ドル/米ドル、NZドル/米ドルはやや値を下げる展開です。


[これからの展開]

昨日(15日)開催された乳製品電子オークション(GDT)で、乳製品国際価格の指標となるGDT価格指数は、前回11月1日の1001から1046へと上昇。2014年7月以来、2年4か月ぶりの高水準となりました。NZや豪州の天候不順により、乳製品の供給が減少するとの観測が背景にあるようです。

GDT価格指数は今年3月から約7割上昇しました。NZにおいて乳製品は最大の輸出品であり、その価格の上昇はNZドルにとってプラスと考えられます。

また、RBNZ(NZ準備銀行)は11月10日に0.25%の利下げを決定したものの、声明や金融政策報告で昨年開始した利下げが最終局面にあることを示唆しました。そのこともやはりNZドルのプラスと考えられます。

NZドル/米ドルと乳製品価格(GDT価格指数)

(出所:GDTより作成)

ただし、市場の関心は現在、米国に向いているため、NZドルの材料に反応しにくい地合いです。米10年債利回りの上昇を背景に米ドル高が進行しており、現在の流れをみると、米ドル高が一段と進み、NZドル/米ドルは下落する可能性があります。

その場合、0.69米ドル台がNZドル/米ドルの下値メドになりそうです。NZドル/米ドルは今年6月下旬以降、0.70米ドル近辺で反発する(下図の緑丸)状況が続いてきました。その水準でいったん下げ止まる可能性もあります。

NZドル/米ドル(日足、2016/4/22〜)

(出所:M2JFXチャート)

(アナリスト 八代和也)

------------------------------------

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ