市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2016/11/04 14:33米大統領選が来週控えるも、米雇用統計にも注目!

[レビュー]

4日東京時間の外国為替市場では、NZドルが軟調に推移。一時、NZドル/円は75.21円、NZドル/米ドルは0.7301米ドルへと下落しました。米大統領選挙が来週控えていることや、週末ということもあり、利益確定売りとみられます。

ドル/円やNZドル/円を除くクロス円は、方向感に欠ける展開。おおむね昨日(3日)NY終値水準での“もみ合い”となりました。


[これからの展開]

市場の関心は、引き続き米大統領選挙に向いています。選挙に関する報道に為替市場が敏感に反応する可能性があるため、注意が必要です。

本日(4日)21時30分(日本時間)、米国の10月雇用統計が発表されます。米FRB(連邦準備理事会)には「物価の安定」のほか、「雇用の最大化」の責務もあるため、雇用統計はFRBの金融政策決定に大きな影響を与えると言われます。米国の雇用統計は、市場で最も注目される経済指標のひとつです。

市場予想は非農業部門雇用者数が前月比17.3万人増、失業率が4.9%。大統領選挙に関心が向いているとはいえ、雇用統計が市場予想から大きくかけ離れる結果になれば、為替市場が反応する可能性があります。その場合、堅調な結果になれば米ドルが上昇し、弱い結果になれば米ドルが下落しそうです。

来週は、火曜日(8日)の米大統領選挙投票日が最大の相場材料。その結果が為替市場に大きな影響を与えそうです。投票日のタイムラインについては、1日のスポットコメント『米大統領選挙投票日のタイムライン』をご覧ください。

NZドルは、木曜日(10日)のRBNZ(NZ準備銀行)政策金利発表にも注目です。市場では0.25%の利下げが決定されるとの見方が有力なため、政策金利が据え置かれた場合、NZドルが上昇しそうです。0.25%の利下げが決定されたとしても、声明や金融政策報告が利下げ打ち止めを示唆する内容になれば、NZドルは上昇する可能性があります。

(アナリスト 八代和也)

------------------------------------

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ