市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2018/07/19 13:12堅調な豪雇用統計の結果を受けて豪ドルが上昇

【相場材料】豪雇用統計
【ポイント1】フルタイム労働者の増加により、就業者数は市場予想を上回る伸びを記録
【ポイント2】フルタイム労働者の基調が増加に転じるか

[レビュー]

19日東京時間の外国為替市場では、豪雇用統計の結果を受けて豪ドルが上昇。豪ドル/円は一時6月13日以来となる83.85円、豪ドル/米ドルは一時0.7436ドルまで上昇しました。米ドル/円は112円台後半で小動き。日銀が国債買入額の減額を通告しましたが、為替市場の反応は限定的でした。

[これからの展開]

6月の豪雇用統計では、失業率が5.4%と5月から横ばいでした。就業者数は前月比5.09万人増と、市場予想の同1.70万人増を大幅に上回りました。フルタイム労働者が前月比4.12万人増と、大幅に増加したことが背景です。
 

雇用統計の結果を受けて、豪ドルは上昇しました。ただ、6カ月平均でみるとフルタイム労働者は2017年7月以降は減少傾向です。6月の大幅増を受けていったん下げ止まった形となりましたが、豪ドルがサポートされるためには、フルタイム労働者が再び増加基調に転じる必要がありそうです。

(アナリスト 根岸慎太郎)

*******
今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』はこちら(17日更新)
*******

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【FXマーケットView】
FXマーケットViewは、毎日18時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。
※音声にご注意ください。

【キャンペーンのご案内】

トラリピ手数料無料キャンペーン

FX新規口座開設キャンペーン

M2JFX口座をお持ちのお客様はこちら

= = = = = = = = = = = = = = = = =

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ