市場調査部エクスプレス スポットコメント

2014/11/12 09:40解散総選挙は本当に円安要因なのか

年内の解散総選挙がにわかに現実味を帯びてきました。11日の東京市場では後場に日経平均が急伸。ドル円も上昇して、欧州時間に入って一時116円台を示現しました。また、日本の長期金利(10年国債利回り)は小幅ながら上昇(国債価格は下落)しました。衆院解散の前提となる消費税増税の先送りによって、景気の下押し要因がいったん後退する可能性を好感して株価が上昇、株高に加えて財政再建の遅れを懸念して長期金利が上昇...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス スポットコメント」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ