市場調査部エクスプレス スポットコメント

2014/10/17 09:10米債券市場はQE(量的緩和)を催促か?

米国の長期金利(10年物国債利回り)が一時2%を割り込むなど、低下傾向が続いています。そして、長期国債からインフレ率を引いた実質長期金利は、2013年5月以来となる水準まで低下しています。 実質長期金利は、主に米国景気(および世界景気)の強さや金融政策の度合いを反映します。その実質長期金利が現在と同様に1%割れとなったのは、2011年8月から2013年5月まででした。この期間には以下のような注目す...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス スポットコメント」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ