市場調査部エクスプレス スポットコメント

2017/11/29 10:13トルコと米国の関係を左右する裁判の行方

【相場材料】トルコ銀行家に対する米国の裁判【影響】対米関係が悪化すればトルコリラ一段安も【ポイント】対イラン制裁違反にトルコの政府や銀行が関与していたかどうか トルコと米国の関係が一段と悪化するとの懸念が、足元のトルコリラ安の背景にあります。焦点となっているのは、トルコ人による対イラン制裁違反に、トルコの政府や銀行が何らかの形で関与したかという点です。 28日には、すでに有罪を認めているザラブ氏が...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019.05.21 09:00 更新ドイツとイタリアの金利差拡大とユーロ安【相場材料】ドイツとイタリアの長期金利差【状況】イタリア金利の上昇はユーロ安要因【ポイント1】イタリア政府が財政規律を軽視!?【ポイント2】欧州議会選で金利差拡…
  • 2019.05.20 07:40 更新騙されない投資家~第37回「実践編:株価・金利・為替の関係」 投資の初心者が知っておくべきこと、勘違いしやすいことを、できるだけ平易に解説しようと思います。金融市場の主要な商品である株価・金利・為替の関係を、最近の相場か…
  • 2019.05.17 08:13 更新欧州議会選の注目点【相場材料】5月23-26日の欧州議会選【状況】欧州議会選の結果がユーロや英ポンドに影響【ポイント1】EU懐疑派が勢力を伸ばすか【ポイント2】英ブレグジット党支…
  • 2019.05.16 08:24 更新中国は米国債を売却するのか【相場材料】中国が保有する米国債の行方【状況】米国の関税攻勢への対抗措置としての米国債売却の可能性【ポイント1】米国からの資金流出を連想させれば「トリプル安」も…
  • 2019.05.15 08:14 更新広がる米FRBと市場の温度差【相場材料】米金融政策【状況】市場で利下げ観測が高まる一方で、FRBは利下げに慎重【ポイント1】FRBが市場の観測に近付けば米ドル安要因【ポイント2】市場の観測…

「市場調査部エクスプレス スポットコメント」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ