市場調査部エクスプレス スポットコメント

2017/09/29 08:08「今のうち解散」の失敗例

 衆議院は28日の臨時国会冒頭で解散、10月22日に衆院選挙の投開票が実施されます。安倍首相は「国難突破解散」と命名し、解散理由として少子高齢化や北朝鮮(安全保障)問題を挙げました。ただ、安倍首相が、野党の敵失や準備不足を利用して、政権基盤を固めようとしていることは明らかです。2014年の総選挙でも一部で囁かれた「今のうち解散」というのが本音かもしれません。 もっとも、「今のうち解散」の失敗例が身...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス スポットコメント」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ