市場調査部エクスプレス スポットコメント

2016/12/22 09:18日本が中国を抜き米国債保有残高1位に。中国で何が起きているか

日本の米国債保有残高は今年10月末に1.132兆ドルとなり、中国の1.116兆ドルを抜いて世界一位になりました。米財務省データによると、日本は2008年8月以来の返り咲きです。換言すれば、2008年8月までは日本が一位をキープしていたので、リーマン・ショック前後から中国が米国債市場で存在感を高めていたということでしょう。ただ、日本の返り咲きは、日本が保有残高を増加させたからではなく、中国が保有残高...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019.04.19 08:22 更新米景気減速の兆候は消滅!?【相場材料】米国の経済情勢と金融政策【影響】米国の利下げ観測が後退して、米ドル高要因に【ポイント1】26日発表の1-3月期GDPは堅調な結果となりそう【ポイント…
  • 2019.04.18 07:45 更新米ベージュブック:いくつかの地区で経済活動が強まる【相場材料】米国の経済情勢と金融政策【影響】ベージュブックの内容は「年内据え置き」の見方と整合的【ポイント1】いくつかの地区で経済活動に強まり【ポイント2】賃金…
  • 2019.04.17 08:12 更新米ドル円が112円を超えていくには・・ 米ドル円は強含んでいるものの、112円前後の水準で足踏みしています。米ドル円は昨年12月中旬以降、112円の水準を下回った推移が続いています。昨年12月中旬と…
  • 2019.04.16 08:44 更新2020年米大統領選に向けて~第1回 2020年11月の次期大統領選に向けて、既にキャンペーンは始まっています。大統領選は一大イベントであり、時に相場材料になることもあるため、今後フォローしていき…
  • 2019.04.15 08:18 更新騙されない投資家~第34回「投資の自己責任原則について」 投資の初心者が知っておくべきこと、勘違いしやすいことを、できるだけ平易に解説しようと思います。改めて「投資の自己責任原則」について考えてみたいと思います。 昨…

「市場調査部エクスプレス スポットコメント」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ