市場調査部エクスプレス スポットコメント

2016/07/21 08:13本日21日のECB理事会の注目点

本日、ECBは理事会を開催して金融政策を決定します。市場では「現状維持」との見方が有力で、20日時点でOIS(翌日物金利スワップ)は預金金利(現在-0.4%)の引き下げが10%程度織り込まれています。預金金利が据え置かれるとして、注目されるのはQE(量的緩和)の条件緩和が行われるかどうかです。現在、ECBは毎月800億ユーロの債券を購入し、それを少なくとも2017年3月まで続けるとしています。しか...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019.04.26 09:56 更新利下げへの地ならし!? トルコ中銀が一部文言を削除ゴールデンウィーク期間中(4/27-5/6)、「スポットコメント」「注目のチャート」「オセアニア・レポート」「市場調査部レポート」は配信を停止します。市場調査部…
  • 2019.04.25 09:13 更新BOC(カナダ中銀)は利上げに言及した文言を削除【ポイント】・BOCは金融政策スタンスを“利上げバイアス”から“中立”へとシフト・BOC総裁は利下げの可能性にも言及・カナダドルには目先、下押し圧力が加わりやす…
  • 2019.04.24 08:28 更新米ドル円の予想変動率が急低下【相場材料】米ドル円のインプライド・ボラティリティが約5年ぶりの低水準【影響】相場変動のエネルギーが溜まっている可能性あり【ポイント1】2014年は典型的な夏枯…
  • 2019.04.23 08:44 更新米景気は徐々に再加速!?【相場材料】米景気サプライズ指数【影響】景気再加速の兆候を示し、米ドル高要因に【ポイント1】2月の経済指標はポジティブサプライズが増加【ポイント2】昨年末~今年…
  • 2019.04.22 08:38 更新騙されない投資家~第35回「GW10連休に備えよう!」  投資の初心者が知っておくべきこと、勘違いしやすいことを、できるだけ平易に解説しようと思います。今年のゴールデンウイークは10連休です。日本以外の市…

「市場調査部エクスプレス スポットコメント」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ