市場調査部エクスプレス スポットコメント

2015/02/20 08:56実効レートでみるドルの水準感

米FOMC議事録(1/27-28開催分)によると、ドル高は輸出を抑制し続ける要因になるとされ、数人のメンバーはドル高が一段と進行するリスクを指摘するなど、ドル高の弊害が認識されました。ドルの実力を示す実質実効レートをみると、昨年後半以降に急上昇し、足もとで2003年4月以来の水準に達しています。当局がドル高を警戒するのも無理からぬことかもしれません。ただ、レーガノミクスが急激なドル高を招き、プラザ...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス スポットコメント」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ