市場調査部エクスプレス スポットコメント

2015/02/03 08:49米FRBは利上げへの「一人旅」を続けるか

<本稿は1月30日にマイナビニュースの「マネー」に投稿したものです。投稿後に、昨年10-12月期の実質GDPが前期比年率+2.6%と発表されましたが、本稿の文意に修正はありません。昨日のスポットコメント「米GDPは個人消費に支えられて堅調。ただし、先行き不安材料も」も合わせてご参照ください>米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は、1月27-28日に開催したFOMC(連邦公開市場委員会...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2018.05.25 07:24 更新米朝首脳会談中止の衝撃!?【相場材料】朝鮮半島の地政学リスク【影響】いったんはリスクオフも、相場は仕切り直し【ポイント1】最悪のシナリオは「会談物別れ → 軍事行動が現実味」【ポイント2…
  • 2018.05.24 09:25 更新米FOMC議事録は想定以上に「ハト派」ながら、利上げ継続に自信【相場材料】米金融政策【影響】市場の6月利上げ確率は約80%、年内残り3回利上げの確率は30%弱【ポイント1】議事録は利上げペース加速の可能性に言及せず【ポイン…
  • 2018.05.24 09:23 更新トルコ中銀が緊急利上げ。市場では「遅すぎた」「なお不十分」との見方も3%の緊急利上げTCMB(トルコ中央銀行)は23日、緊急の政策会合を開催し、3.00%の利上げを決定。後期流動性貸出金利を13.50%から16.50%に引き上げ…
  • 2018.05.23 08:15 更新欧州最新政治情勢、英国とイタリア トルコリラの下落に歯止めがかからない中、英国やイタリアでも政治情勢が自国通貨(ポンドとユーロ)安を招きかねない状況となっています。英国は解散総選挙も? 英国で…
  • 2018.05.22 08:16 更新2014年のトルコリラ防衛を振り返る トルコリラの下落が止まりません。リラ下落の要因は様々ありますが、ここへきて一番重要なことは高インフレが続くなかで、TCMB(中央銀行)が市場の信任を完全に失っ…

「市場調査部エクスプレス スポットコメント」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ