市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2019/01/11 08:23米CPIに注目。FRBの利上げ休止観測は一段と高まるか!?

【ポイント】
・米CPI(コア指数)の市場予想は前年比+2.2%。それと異なる結果になれば、市場が反応する可能性あり
・CPIが市場予想を下回れば、米ドルには下落圧力が加わりそう


(欧米市場レビュー)

10日欧米時間の外国為替市場では、米ドルが強含み。一時、米ドル/円は108.49円へと上昇し、ユーロ/米ドルは1.1486米ドルへと下落しました。米国の長期金利(10年債利回り)が上昇し、米ドルの支援材料となりました。米長期金利上昇の背景には、30年債入札が軟調な結果だったことや、パウエルFRB(米連邦準備理事会)議長が「FRBのバランスシートは、現在よりもかなり小さくなる」と語ったことがあるようです。

(本日の相場見通し)

このところ、FRB当局者から追加利上げに慎重な発言が相次いでいます。

エバンズ・シカゴ連銀総裁は「FRBには様子を見る十分な余地があり、将来の金融政策を評価するうえで2019年前半の動向は非常に重要」(9日)と語り、ボスティック・アトランタ連銀総裁は「FRBは(2018年)12月に利上げをしたばかりであり、しばらくは経済の反応を見極めるべき」(9日)と発言。ローゼングレン・ボストン連銀総裁は「政策を調整する前に、(経済)状況が一段と明確になるまで待つことが可能」(9日)と述べました。

昨日(10日)には、パウエルFRB議長が「FRBは金融政策に忍耐強くなれる」と述べ、利上げ休止を改めて示唆しました。

市場でFRBの利上げ休止観測が強まるなか、米国の2018年12月CPI(消費者物価指数)が本日発表されます(日本時間午後10時30分)。コアCPIが市場予想の前年比+2.2%を下回る結果になれば、FRBの利上げ休止観測は一段と強まり、米ドルには下落圧力がかかる可能性があります。米ドル/円の目先のメドとして、下値が107.53円(1/4安値)、上値は109.05円(1/8高値)が挙げられます。ユーロ/米ドルは、下値が1.1397米ドル(1/7安値)、上値は1.1567米ドル(1/10高値)や200日移動平均線(1.1630米ドル近辺に位置)が当面のメドになりそうです。

= = = = = = = = = = = = = = = =
=


= = = = = = = = = =
= = = = = =
=

【マーケットView】
マーケットViewは、毎日16時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。

=
= = = = = = = = = = = = = = =
=

【トラリピ1クリック】
トラリピを1クリックでカンタン発注!

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ