市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2018/05/21 09:18イタリア政局がユーロの重石に。今週は米FOMC議事録などが相場材料となるか

(欧米市場レビュー)

18日欧米時間の外国為替市場では、ユーロが下落。ユーロ/円は一時130.28円、ユーロ/米ドルは一時2017年12月18日来となる1.1749ドルまで下落しました。イタリアでは、ポピュリスト政党「五つ星運動」と極右政党「同盟」連立協定に最終合意しました。これが市場で嫌気されました。

(※)イタリア政局について、本日の「スポットコメント」をご参照ください

カナダドル/円は一時85.79円まで下落しました。カナダの3月小売売上高が市場予想を下回ったことが材料視されました。カナダの4月CPIは、総合は前年比+2.2%(前回値:同2.3%)、エネルギーと食料を除くコアは同+1.5%(前回値:同+1.4%)と、強弱まちまちの結果でした。

(本日の相場見通し)

イタリア政治に対する懸念から、イタリアの10年債利回りは18日、一時2017年10月以来となる2.23%まで急伸しました。一方で、ドイツの10年債利回りは一時0.57%まで下落し、両者のスプレッド(イタリア-ドイツ)は約7カ月ぶりの水準まで拡大しました。イタリア政局の行方は、当面、ユーロの重石となる可能性があります。

今週は23日にユーロ圏とドイツの5月マークイット製造業PMI、25日にドイツの5月IFO景気動向指数が発表されます。ユーロ圏の景況感は、足元で悪化しています。ただ、今週発表されたドイツの5月ZEW景況感は前回から横ばいで、景況感の悪化一服が示されました。他の景況感を表す指標でも、低下の一服、あるいは改善が示されるのか注目です。

23日に米FOMC議事録(5/1-5/2開催分)が公表されます。当該FOMCの声明文では、携帯電話料金の引き下げによる影響が剥落し、CPIがFRBのインフレ率目標である2%を上回ったことや、FRBが重視するPCE(個人消費支出)デフレーターが2%近辺に達したことを反映して、物価判断が上方修正されました。議事録でインフレに対する警戒感が示され、市場で利上げペースが加速するとの観測が高まれば、米ドルのサポートとなりそうです。

(アナリスト 根岸慎太郎)

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【FXマーケットView】
FXマーケットViewは、毎日18時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。
※音声にご注意ください。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ