市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2018/05/09 09:15米国債入札やイタリアの政治情勢に注目

(欧米市場レビュー)

8日欧米時間の外国為替市場では、米ドルが上昇。ユーロ/米ドルは一時2017年12月22日以来となる1.1837ドル、豪ドル/米ドルは一時2017年6月5日以来となる0.7432ドル、NZドル/米ドルは一時2017年12月13日以来となる0.6953ドルまで下落しました。

トランプ大統領は、イラン核合意からの離脱と同国に対する経済制裁の再開を表明。地政学リスクの高まりから、安全な通貨とされる米ドルが堅調に推移しました。イタリアでは、再選挙が実施される可能性が高まっています(後述)。政治の不透明感がユーロの重石となりました。

(※)米国のイラン核合意離脱について、本日の「スポットコメント」をご参照ください

トルコリラは対円、対米ドルで最安値を更新しました。トルコリラ/円は一時25.07円まで下落。米国のイラン核合意離脱に伴う地政学リスクの高まりが、トルコリラの下落圧力となりました。

(本日の相場見通し)

8日に米財務省が行った3年物国債入札では、応札倍率は2.76倍と前回の2.85倍から低下しました。前々回の応札倍率は2.94倍で、米国債の需要が徐々に悪化している可能性があります。本日9日は10年物国債10日には30年物国債の入札が予定されています。

米長期金利(10年債利回り)は8日、一時2.987%まで上昇しました。米国債の入札が低調となれば、長期金利が3%を超えて上昇するかもしれません。国債の需給悪化による長期金利の上昇は、米ドル安要因となる可能性があります。米国債入札の結果を受けて長期金利が上昇した場合、米ドルが同時に上昇するかどうかは、米株の動向や経済指標の結果などに左右されそうです。

イタリアのマッタレッラ大統領は7日、「中立政権」を提案しましたが、第1党のポピュリズム政党「五つ星運動」や中道右派連合の極右政党「同盟」が反発。早ければ7月にも再選挙が行われる可能性が高まりました。イタリアで政治の不透明感が高まれば、ユーロの上値を抑える可能性があります。イタリアの政治情勢にも注意しておく必要があります。

(※)ユーロ/米ドルのチャート分析は、本日の「注目のチャート」をご参照ください

(アナリスト 根岸慎太郎)

= = = = = = = = = = = = = = = = =
【FXマーケットスクウェア】
FXマーケットスクウェアは、毎日18時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。
※音声にご注意ください。
= = = = = = = = = = = = = = = = =

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ