市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2018/02/15 09:27米ドル/円は一時約1年3か月ぶり安値。トルコリラ/円は一時最安値まで下落

(欧米市場レビュー)

14日の外国為替市場では、米ドル/円が一時2016年11月以来となる106.72円まで下落しました。1月の米CPI(消費者物価指数)が市場予想を上回り、インフレの伸びが示されたことで米10年債利回りが一時2.92%まで上昇し、米ドル/円は反発しました。

しかし、米ドル/円の上昇は一時的。米株が上昇するなかでリスクオンの姿勢が強まり、「安全な」通貨として円に次いで買われていた米ドルは軟調な展開でした。CPIと同時に発表された1月の米小売売上高が市場予想を下回ったことも、米ドルの重石となった可能性があります。

米ドル/円の下落を受けてクロス円は軟調に推移。豪ドル/円は一時2017年6月以来となる83.33円、トルコリラ/円は2017年11月28日の最安値27.98円まで下落しました。その後、米ドルが軟調となり、対米ドルで各国の通貨は上昇。クロス円は下げ幅を縮小しました。

(本日の相場見通し)

本日は、2月のNY連銀製造業景気指数(日本時間22時30分)やフィラ連銀景気指数(同時刻)、1月の米鉱工業生産指数(日本時間23時15分)が発表される予定です。

NY連銀製造業景気指数とフィラ連銀景気指数について、市場は両者とも前回値から小幅に低下すると予想しています。前回値は両者とも過去と比較して高い水準にありますが、ピークからは低下傾向です。市場は、景気の先行きにやや不安を感じているのかもしれません。市場予想との比較だけでなく、方向感にも注意しておく必要があります。

 

米鉱工業生産指数は、米景気の底堅さを示しています。同指数は2017年10月以降、前年比+3%を上回り、12月は同+3.6%でした。また、設備稼働率は77.9%と高い水準にあり、米製造業の好調を示しています。

(アナリスト 根岸慎太郎)

= = = = = = = = = = = = = = = = =
【FXマーケットスクウェア】
FXマーケットスクウェアは、毎日18時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。
※音声にご注意ください。
= = = = = = = = = = = = = = = = =

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ