市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2017/08/07 09:28米雇用統計の結果を受けて米ドルは堅調。今後の焦点はFRBの利上げペースか

(欧米市場レビュー)

4日の外国為替市場では、堅調な米雇用統計やコーンNEC(国家経済会議)委員長の発言を受けて米ドルが反発。米ドル/円は一時111.01円まで上昇。ユーロ/米ドルは一時1.1728ドルまで下落しました。

4日に発表された7月の米雇用統計では、NFP(非農業部門雇用者)が+20.9万人と、市場予想の+18.3万人を上回りました。失業率は4.3%と、6月の4.4%から低下。米労働市場が引き続き引き締まっていることが示されました。

(※)米雇用統計の詳細は、本日の「スポットコメント」をご参照ください

コーンNEC委員長はブルームバーグとのインタビューで、法人税率を現行の35%からOECD(経済協力開発機構)加盟国の平均である23%程度に引き下げるべきとの見解を示しました。

(本日の相場見通し)

堅調な米雇用統計やコーンNEC委員長の発言を受けて、4日の米ドルは反発。米ドル指数は4週間ぶりに上昇しました。CFTCによれば、米ドルは足元で売りポジションに転じています。そのため、短期的には米ドルの反発局面となる可能性はあるかもしれません。

一方で、FFレート(政策金利)先物による年内の利上げ観測は、米雇用統計発表後もほとんど変化が見られませんでした。4日時点の年内の利上げ観測は46.7%です。米ドルが一段と上昇するためには、FRBの利上げ観測が高まる必要がありそうです。

今週は、7日にブラード・セントルイス連銀総裁とカシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、10日にダドリーNY連銀総裁、11日にカプラン・ダラス連銀総裁の発言機会が予定されています。11日には7月の米CPI(消費者物価指数)が発表されます。

FRB当局者の発言や物価指標の結果を受けて、FRBの利上げ観測に変化がみられるか注目です。

(アナリスト 根岸慎太郎)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ