市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2017/08/02 08:56弱い米経済指標が米ドルの重石に

(欧米市場レビュー)

1日の外国為替市場では、米ドル/円が一時6月15日以来となる109.93円まで下落しました。6月の米PCEデフレーターは、食品とエネルギーを除くコアが前年比+1.5%と5月から横ばいとなりましたが、総合は同+1.4%と5月の同+1.5%から伸びが鈍化しました。7月の米ISM製造業景気指数は56.3と6月の57.8から低下し、米ドルの下落要因となりました。

加ドル/円は一時87.85円まで下落。7月のOPEC(石油輸出国機構)の産油量が6月から増加したとの報道を受けて、WTI原油先物が前日高値の50.43ドルから一時48.37ドルまで反落したことが材料視されました。

(本日の相場見通し)

1日に発表されたユーロ圏の第2四半期GDPは前年比+2.1%と第1四半期の同+1.9%から伸びが加速しました。米国債利回りの低下に連れて独国債利回りが低下したことで、ユーロはやや弱含む展開となりましたが、7/31のユーロ圏CPIでインフレ率の低下に歯止めがかかったことや、ユーロ圏の堅調な景気はECBのQE(量的緩和)縮小のサポート要因となりそうです。

米PCEデフレーターでインフレの伸びの鈍化が示されたことや7月のISM製造業景気指数の低下に加えて、6月の米建設支出と7月の米自動車販売台数も弱い結果となりました。FFレート先物による年内の利上げ確率は46.7%(8/1時点)と、7/31時点の48.9%から低下しました。

米政局の不透明感や、弱い米経済指標を背景としたFRBの利上げ観測の後退により、米ドルは上値の重い展開が続くかもしれません。

日本時間2日21時15分に7月の米ADP雇用統計が発表されます。市場予想は18.5万人増と労働市場のひっ迫が続くと見込まれています。必ずしも一致するわけではありませんが、ADP雇用統計は米雇用統計のNFP(非農業部門雇用者)の先行指標として注目されています。ADP雇用統計の結果が米ドル/円の動向に影響する可能性はあります。

(アナリスト 根岸慎太郎)

--------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ