市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2017/03/08 09:19乳製品価格の低下を受けてNZドル下落。本日の注目は米2月ADP雇用統計!

(欧米市場レビュー)

7日の欧米の為替マーケットでは、米ドル/円は114円近辺での揉み合い。その他通貨も方向感に欠ける展開となりました。

その中でZNドルは対米ドルで5日続落。昨日行われた乳製品オークションで脱脂粉乳や全脂粉乳が前回値-15.5%、-12.4%と大きく低下したことが嫌気されました(乳製品全体では前回値-6.5%)。NZドル/米ドルは0.6949ドルまで下落。対円でも79.23円まで下落しました。

欧米株は続落。英FTSE100は同-0.15%下落しました。独DAXは欧州株全般が下げる中で横ばいとなり、前日比+0.06%となりました。NYダウ、S&P500、NASDAQはそれぞれ前日比-0.14%、-0.29%、-0.26%で取引を終えました。

(本日の相場見通し)

本日は、日本時間22:15に発表される米2月ADP雇用統計に注目です。ADP雇用統計は給与計算アウトソーシング会社である米ADP社が公表している雇用に関する指標です。ADP雇用統計は米総務省が公表する雇用統計の2日前に公表され、特に非農業部門雇用者数(以下NFP)の先行指標として注目されます。

過去のADP雇用統計とNFPとの結果を比較してみると、必ずしも結果が一致するわけではありません。ただ、市場参加者が判断材料とした場合、マーケットの動意となることも考えられます。また、10日のNFPを見る上での参考値としても注目でしょう。

NZドルは昨日、対米ドルで5日続落となりました。ウィーラーRBNZ(NZ準備銀行)総裁はNZドル高をけん制する発言をしており、NZドルは上値が重い展開が続く可能性もありそうです。

また、今週末は米雇用統計を控えていることもあり、米雇用統計の結果次第では米ドルに上昇圧力が加わるかもしれません。その場合、NZドルは対米ドルで弱含むことも考えられ、注意が必要でしょう。

(市場調査部)

----------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ