市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2017/02/21 09:00ルペン党首の支持率上昇で、ユーロは上値の重い展開か?

(欧米市場レビュー)

20日の欧米の為替マーケットでは、米国がプレジデンツデーで休場の影響もあって、薄商いとなりました。その中で、英ポンドが反発。特に大きな材料はなかったようですが、英ポンドは主要10か国通貨に対して上昇しました。

与党・アフリカ民族議会(ANC)執行委員会の臨時会議で、ゴーダン財務相の進退が話し合われる可能性が示唆されたことで、南アランドは、対米ドルで一時1%以上下落する場面が見られました。ただ、下げは一時的で、対円相場への影響は限定的でした。

欧州株はまちまち。独DAXは前日比+0.40%、英FTSE100は同0.00%(同-0.1p)で取引を終えました。

(本日の相場見通し)

本日はカーニーBOE(英中銀)総裁の議会証言が注目されます。

先週金曜日に発表された1月の英小売売上高は3ヵ月連続で鈍化しましたが、前年比でプラスを保っていることや、英第4四半期GDPが前年比2.2%、英1月消費者物価コア指数が前年比1.8%まで上昇するなど、英経済はブレグジット決定後も堅調に推移しているといえそうです。

英ブレグジットの影響が表れるのはこれからとみることもできますが、その点も踏まえて、カーニー総裁がどんな見解を示すのか注目です。

フランス大統領に関する、新たな世論調査(オピニオンウェイ)で、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首の支持率が上昇したことを受けて、フランス国債利回りは上昇、独国債利回りは低下しました。

決選投票がルペン党首とマクロン前経済・産業・デジタル相(無所属)になった場合、ルペン党首が38.5%、マクロン氏が61.5%でマクロン氏勝利との見方が優勢となっています。ただ、その差は縮まってきており、市場は仏大統領選の行方に一段と神経質になるかもしれません。

(市場調査部)

----------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ