市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/12/28 08:58クリスマス休暇明けも市場は閑散、実需筋の大口フローには要注意!

[欧米市場レビュー]

27日の東京市場の米ドル/円は、実需筋(輸入業者)の買いが散見され、一時117.44円まで上昇するものの、アジアの主要市場が休場で動意の乏しい値動きとなりました。

欧州市場の外国為替相場は、ロンドン市場が休場であったため、米ドル/円は117円台前半での動意の乏しい動きとなりました。

NY市場では、米12月消費者信頼感指数や米12月リッチモンド連銀製造業指数が市場予想を上回り、一時リスク選好の円売りがやや優勢となり、米ドル/円は117.59円まで、ユーロ/円は122.97円まで、豪ドル/円は84.58円まで、NZドル/円は81.08円まで、加ドル/円は86.84円まで上昇した局面が見られました。

[本日の相場見通し]

本日はクリスマス休暇も終了しましたが、新年まで休暇を取っている海外市場参加者は多く、何か材料が出てこなければ、動意の乏しい値動きとなりそうです。昨日の東京市場では、実需筋(輸入業者)の米ドル/円買い需給が散見されました。本日も実需筋の年末の駆け込み外国為替予約があるかもしれません。


(市場調査部)

------------------------------------


(※動画。音声にご注意ください)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ