市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/12/27 09:09本日もクリスマス相場は継続!!閑散時の大口フローには要注意!!

[欧米市場レビュー]

26日東京時間の外国為替相場は、日本以外のほとんどの市場が休場となり、狭いレンジ内でもみあう展開となりました。米ドル/円の日中高低差は、116.98円〜117.36円と狭い動きとなりました。

注目の黒田日銀総裁での講演では、「イールドカーブ・コントロール、所期の効果を発揮」「今回の緩和で物価2%目標を達成しなければならない」などと発言しましたが、市場参加者が少ない中、反応は限定的でした。

欧米市場の外国為替市場は、世界的にクリスマスの振替休日で、ほとんどの市場は休場となりました。海外では、特段の目立った材料は見られませんでした。

[本日の相場見通し]

本日(27日)は昨日に続き、多くの市場が休場となります。ウェリントン(NZ)、シドニー(豪州)、ロンドン、トロント(カナダ)市場が休場。市場参加者が少ないことから、何らかの材料が出てこなければ、動意の乏しい値動きとなりそうです。ただし、市場参加者が少ないだけに大口のフローで為替相場が大きく振れる可能性があるので注意が必要です。

(市場調査部)

------------------------------------


(※動画。音声にご注意ください)

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ