市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/12/13 09:14年内最後のビッグイベントの米FOMC待ちも、海外勢の動きには要注意!!

[欧米市場レビュー]

東京市場のドル/円と日経平均株価は、OPEC非加盟国が10日開催の協議で15年ぶりに減産に合意(※)したことを受け、上昇しました。NY原油先物は54ドル台に急騰し、ドル/円は115円台後半まで上昇しました。

(※)協調減産にはOPEC非加盟の11カ国が参加し、合計で当初の目標である日量60万バレルをやや下回る55万8000バレルの減産が合意されました。

欧州市場序盤のドル/円は、東京市場の流れを受け、日通し高値の116.09円まで上昇するも、
本邦実需筋(輸出企業)が断続的なドル/円売り注文を持ち込んだことから、上値は限定的となりました。

NY市場序盤のドル/円は、米10年債利回りが2.5%台から2.4%台後半へと低下したことを受け、115台半ば割れまで下落。その後のNY市場では、特に目立った材料がない中、米国債利回りの上げ幅が更に縮小、NYダウも上げ幅を縮小し(※)、ドルは対円で、115.00円を割り込みました。

(※)トランプ氏がツイッターで「最新鋭ステルス戦闘機F 35 の計画とコストは制御不能」と指摘したことを受け、NY株式市場で防衛関連の軟調さが目立ちました。

また、イタリアのモンテ・パスキ銀行の年内の資本増強が失敗した場合、予防的な資本注入を行う方針との報道が伝わり、ドルが対ユーロで売られた局面も見られました。ユーロ/ドルは、一時1.0649ドルまで上昇。

 
 [本日の相場見通し]
 
本日の為替市場は、海外市場の流れを受け、目立った材料のない中、調整色の強い動きを予想します。ドル/円は、頭の重い展開を予想しますが、本邦実需筋(輸入業者)の買い注文が散見され、下値は限定的と思われます。海外勢の日米金利差への注目は継続中であり、本日も米長期金利の動きに注目←年内最後のビッグイベントの米FOMC[13日(火)〜14日(水)]の結果待ちも、海外勢の大きなフローには要注意。

本日の日経平均株価も、NYダウの上げ幅が縮小したこと、夜間取引の日経平均先物が下落したこと、ドル/円が115円を割り込み軟調に推移していることを受け、頭の重い展開を予想します。

 (市場調査部)

------------------------------------

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ