市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/10/28 09:13米7-9月期GDPの発表とOPECの産油国会合に注目!結果次第では乱高下も!

[欧米市場レビュー]

欧州時間序盤の外国為替相場では、英ポンド/円が急伸しました。英7-9月期のGDP速報値が市場予想を上回ったことが背景です(※)。英ポンド/円は128.39円と昨日海外市場の高値まで上伸しました。英ポンド/円が上伸したことにつれ、ドル/円や他のクロス円も上伸しました。

(※)
英7-9月期GDP・速報値(前期比):+0.5% (市場予想 +0.3%)
英7-9月期GDP・速報値(前年比):+2.3% (市場予想 +2.1%)

経営不安視されているドイツ銀行の2016年7〜9月期の決算は、最終損益が2億7800万ユーロ(約318億円)の黒字となりました。この結果を受け、リスク回避の円買いの巻き戻しに拍車がかかりました。

NY市場では、原油価格が上伸しました。石油輸出国機構(OPEC)のペルシャ湾岸諸国が減産の用意があると表明し、具体的な協議が行われるとの一部メディアの報道が背景。本日28日と明日29日にウィーンにて産油国会合が開催されます。OPEC加盟国と非加盟国のロシアなどが会合に参加する予定。 

午後のNY市場では、ドル/円が上伸しました。米国の経済指標が市場予想を上回り、米国長期金利が上伸したことが背景。ドル/円は、約3か月ぶりの105円台まで上伸し、一時、105.31円の高値まで上伸しました。ドル/円が上伸したことが影響し、クロス円も堅調に推移。

 [本日の相場見通し]

本日の日経平均株価は、ドル/円が105前半と堅調に推移していることに加え、夜間の日経平均先物が上伸したことを受け、輸出関連株を中心に堅調に推移すると思われます。先週活発化した海外勢の動向に要注目です。

本日のドル/円は、海外の流れを引き継ぎ堅調に推移すると思われます。昨日のドル/円は、105円近辺に大量の売り注文が散見されていました。ドル/円の105円がしっかりとサポートするようですと、更なる上値トライが予想されます。本日の海外市場の産油国会合と米GDPの発表に注目です。

[本日の注目材料]

(1)東京時間21:30に米国の7-9月期のGDP速報値の発表が予定されています。米国の年内利上げの観測が高まっている中での同指標には、要注目です。

    米7-9月期GDP速報値の発表(前期比):市場予想は+2.5%

(2)本日28日と明日29日にウィーンにて産油国会合が開催される予定です。原油価格の動向は、外国為替市場や株価に影響を与えることが多々あるので、要注目です。

(市場調査部)

------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ