市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/10/25 09:11ECBドラギ総裁の講演に注目!同総裁の発言で市場が大きく動意づく可能性も!

[欧米市場レビュー]

米経済指標の好結果を受け米株が上伸。

英FTSE100は前日比−0.49%、独DAXは+0.47%、NYダウ、S&P500、NASDAQはそれぞれ前日比+0.43%、+0.47%、+1.00%で取引を終えました。
 
欧州時間序盤の独DAXは、10,800ポイント台に乗せ、年初来高値を更新しました。東京時間16:30発表の独PMI製造業 速報値の結果が、市場予想の54.4を上回り、55.1となったことが背景。

独DAXが年初来高値を更新したこと加え、他の欧州株も全般的に堅調に推移したことで、ユーロは上伸しました。ユーロ/ドルは、欧州時間中盤には1.0898ドルの日通し高値まで上伸。
 
午前のNY市場では、NYダウが大きく上伸して開始したことに加え、米10月マークイット製造業PMIの結果が53.2と市場予想を上回ったことを受け(1年ぶりの水準に上昇)、リスク回避の円買いが巻き戻され、ドル/円は104.29円、ユーロ/円は113.57円まで上伸。  

NY市場の原油相場(NYMEX原油12月限終値:50.52)は、一時、50ドルを大きく割り込む場面が見られました。イラクのルアイビ石油相が23日、バクダッドでの記者会見で、同国が原油減産への取り組みから除外を求めたことが背景(※)。為替市場への影響は、限定的でした。

※ルアイビ・イラク石油:「イラクは過激派組織への対応に資金が必要」「イラクをOPEC減産対象国から外すべき」

午後のNY市場では、NYダウが伸び悩み、米債利回りの上昇幅が縮小したことから、ドル/円の買いの流れは一服し、持ち合い相場となりました。ユーロ/ドルも1.08台後半での膠着状態での推移となりました。


 [本日の相場見通し]
 
本日の日経平均株価は、ドル/円が104円台前半と堅調に推移していることに加え、NYダウや夜間の日経平均先物が上伸したことを受け、堅調に推移すると思われます。先週活発化した海外勢の動向に要注目です。
 
本日のドル/円は、海外の流れを引き継ぎ堅調に推移すると思われます。 昨日は、104円台前半の本邦実需筋の売り注文をこなして上伸しましたが、本日のアジア市場でも104円台半ばから後半にかけて、本邦実需筋の売り注文が散見されます。これらの売り注文をこなして、最近のレンジを抜けられるか否かに注目。海外市場では、ドラギECB総裁の講演に要注目です。
 
[本日の注目材料]

東京時間25日24:30よりドラギECB総裁の講演が予定されています。
同総裁は、先週20日の記者会見で、量的緩和を延長する可能性を示唆し、ユーロが急降下した場面がありました。また、他の通貨にも影響を与えたこともあり、同総裁の講演には要注目です。

                                                 (市場調査部)

------------------------------------


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ