市場調査部エクスプレス Today's Flash!

2016/09/13 09:16ブレイナード米FRB理事早期利上げに慎重姿勢!ドルは売られ米株式相場は上伸

[欧米市場レビュー]

9月米利上げ観測が後退し、米株式相場が上伸

英FTSE100は前日比-1.12%、独DAXは-1.34%、NYダウ、S&P500、NASDAQはそれぞれ前日比+1.32%、+1.47%、+1.68%で取引を終えました。

週明け欧州市場の序盤から中盤では、リスク回避の動きが継続。先週末に米国株式市場が大幅安となった流れを受け、欧州株式市場も大幅安となりました。

大注目のブレイナード米FRB理事の講演では、一部市場参加者の期待を裏切り、9月の利上げに慎重な姿勢(※)を示したことから、101.90円レベルで推移していたドル/円は一時、101.55円の安値まで下落しました。一方で、利上げ観測後退の安心感から米株式相場や日経株価先物の買戻しが膨らみ、ドル/円は下げ渋りました。

ドル/円の下落を受け、ユーロ/円は114.27円、ポンド/円は135.37円、豪ドル/円は76.61円のまで下落。一方で、ユーロ/ドルは1.1264ドルまで上昇しました。

※9月の利上げに慎重な姿勢(発言):「緩和策の解除には引き続き慎重さ必要」「先手を打つような予防的な利上げは説得力を欠く」「さまざまな理由で経済は予測を下回った」

 [本日の相場見通し]

本日の日経平均株価は、米国株式相場と夜間の日経平均先物が大きく上げたため、上昇して始まりました。ただ、欧州市場のドル/円とクロス円は、堅調な株価の動きにサポートされましたので、本日も株価の動向に注目。

昨日のアジア市場で、民主党のクリントン氏が、9・11米同時多発テロの追悼式典で体調を崩し、途中で会場から退出したことを受け、リスク回避の円買いが進んだ場面がありました。

クリントン氏の健康問題に関して、懸念が高まった場合、思わぬリスク回避の動きにつながる可能性があり要注意。クリントン氏の陣営は、近く健康状態の詳細を発表すると述べています。

(市場調査部)

<お知らせ>
M2J FX アカデミア 1Dayコース
9月24日(土)10時〜【大阪開催】↓お申し込みはこちら
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2832

---------------------------------------------------------------------------------------


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス Todays'Flash!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ